<link rel="stylesheet" href="/static/CACHE/css/69de78ad90d1.css" type="text/css" media="screen, projection">

プライバシーポリシー

当事者:求人応募者。
データ収集
データは、データ主体が当社ウェブサイト「求人情報」のページにアクセスした際に取得されます。データ収集を容易にするために、応募者には欧米形式の完全なデジタル履歴書を添付して情報を送信することを推奨します。提出される履歴書には、固有ではないデータのみが含まれていなければなりません。これらのデータは、以下に記載されている義務、タスク、および目的に厳密に関連する範囲内で処理されます。履歴書の提出によって、欧州規制第2016/679号第9条で定義されている特殊な情報(例えば 彼らの健康状態、人種および民族的起源、宗教的信念、政治的意見解、性生活および同様のあらゆる情報を明らかにするデータ)を提供する データ主体は、あらゆる場合にも、全ての法的要件に準拠していることを条件に、これらのデータの処理に同意します。

上述の規制がデータ主体を保護し、上述の処理はあなたのプライバシーと権利を保護する公正で、合法的な、透明性のある方法で実行されることを留意してください。あなたの当社との関係性に関連し、繋がる個人情報は、上述の法的規定およびそこに含まれる守秘義務の条件に従って処理されます。

処理の目的
あなたの詳細情報は、特に可能な「新しい雇用関係の確立」に関する要件を達成する目的で処理されます。上述の義務を遂行するためのデータの処理は任意ですが、データの提供が行われないと、データ管理者が応募を受理できなくなる可能性があります。

処理手順
あなたの個人情報は以下の方法で処理されることがあります:
. 電子的手段による自動処理
. 紙のファイルを使用した手動処理
データの全ての処理は、GDPR(一般データ保護規則)第6条および第32条で規定されている手順に準拠しており、セキュリティ対策の採用が想定されています。

開示
あなたのデータは人事管理課の社員によって処理され、データ主体の権利の保護が保証された状態で親会社に開示されます。
流布
あなたの個人情報はいかなる方法でも流布されることはありません。

あなたの個人情報は、米国内の親会社の登録事務所に転送されることがあります。

データ保管期間

GDPR(一般データ保護規則)第5条に則り、合法性、目的の期限、およびデータ最小化の原則に従って、個人情報のデータ保管期間は2年と定められています。


データ管理者:法律で定義されているデータ管理者は、有限会社マラッツィ グループ ソチオ・ウニコ(Viale Regina Pacis 39 – 41049 Sassuolo (Mo), Italy、メールアドレス:info@marazzi.it、電話番号(+39)0536- 860111)、会社の臨時法定代理人です。

あなたにはデータ管理者に申請して、ご自分の個人情報の消去(忘却される権利)、制限、更新、訂正、およびこれらの可搬性(データポータビリティ)を要求する権利、データの処理に異議を唱える権利があります。また概してGDPR(一般データ保護規則)第15条、第16条、第17条、第18条、第19条、第20条、第21条、第22条が定める権利を行使することができます。

 

EU規制2016/679号:第15条、第16条、第17条、第18条、第19条、第20条、第21条、第22条 - データ主体の権利

1.データ主体には、既に記録されているか否かに拘わらず、自分の個人情報が存在するかどうかの確認、および明瞭な形式での開示を要求する権利があります。

2.データ主体には、以下を知る権利があります:

個人情報の出所

目的と処理方法

データが電子的手段によって処理される場合に適用されるロジック

第5条サブセクション2に従い、データ管理者、データ処理者、および任命された担当者の身元

個人情報が開示される可能性のあるエンティティまたはエンティティのカテゴリー、および国家の領域で任命された担当者、データ処理者またはデータ処理を許可されたスタッフなどの資格において上述のデータを知り得る存在または存在のカテゴリー。

 

3.データ主体には以下の権利があります:

更新、訂正、またはこれが本人の利益になる場合、データの補足

違法に処理されたデータの消去、匿名化、またはブロック。この中には、収集またはその後の処理の目的に応じて、これ以上の保持が不要なデータも含まれます

その要件が不可能であることが証明されない限り、または保護される権利と比較して明らかに不相応な努力を伴う場合を除き、a)およびb)に基づく作業が、その内容に関連して、データが開示または配布されたエンティティに通知されたことの証明。

 

4.データ主体には以下の全部、または一部に対して異議を唱える権利があります:

 

その処理がデータが収集された目的に関するものであっても、正当な理由により、自分に関するデータの処理。

広告資料の送付または直接販売を目的として、あるいは市場または商業通信調査を実施するために実行される本人に関する個人情報の処理。