<link rel="stylesheet" href="/static/CACHE/css/69de78ad90d1.css" type="text/css" media="screen, projection">

プライバシーポリシーとCookie

ウェブサイトのプライバシーポリシー
個人データの保護と処理に関するEU規則第2016/679号(GDPR)第13条に準拠しています

1.データ管理者の身元

データ管理者は、Viale Regina Pacis 39, 41049 Sassuolo (Modena) Italyに登録された事務所を持つマラッツィ グループ ソチオ・ウニコです。現在の法定代理人(「データ管理者」または「マラッツィ社」)。

あなたの権利を行使する場合、あるいはそれらの権利や本プライバシーポリシーに関する情報のお問合せはデータ管理者までご連絡ください: privacy@marazzigroup.com 電話 (+39)0536-860800。

データ管理者は、データ保護責任者(「DPO」)を任命します。下記第7項に記載されている権利を行使するため、あるいはそれらの権利や本ポリシーに関する情報を受け取るために、この責任者で連絡することができます : dpo@marazzigroup.com

2.処理および保管期間の目的と法的根拠
マラッツィ社は、あなたから直接提供された、またはウェブサイトwww.marazzi.jp(「サイト」)の閲覧中に収集された、あなたに関する個人情報を以下の目的のために処理します。

2.1.ウェブサイトの閲覧

ユーザーが本サイトを閲覧すると、サイトを運用するITシステムとソフトウェア手順が、ユーザーが使用するPCや端末のIPアドレスやドメイン名、要求されやリソースのURI / URL(ユニフォーム リソース アイデンティファイア / ロケータ)、要求時間、取得されたファイルのサイズ、およびユーザーのオペレーティングシステムIT環境に関するその他のパラメーターなど、インターネット通信プロトコルの使用時に陰的に送信される個人情報を取得します。これらのデータは以下の目的で取得されます:

  • サイトにアクセスして使用できるようにする
  • サービスの利用に関する統計情報(最も訪問されたページ、時間帯別または1日当たりの訪問者数、出身地など)を取得する
  • 提供されたサービスが正しく機能していることを確認する。

第1項、第2項、第3項で言及されている目的でデータを処理する法的根拠は、GDPR(一般データ保護規則)第6条第1項サブセクションb)に則り、あなたのリクエストを履行することです。 これらのデータの提供を拒否した場合、サイトを使用できなくなります。

閲覧データは、Cookieポリシー(サイト内でお読みいただけます)で指定された期間保存されます。

2.2.情報のリクエストへの応答

ウェブサイトの「お問合せ」、「ニュース」セクション、および「店舗検索」には、あなたに必要な情報を要求するために、通常の個人情報の一部を自発的に提供する専用フォームが含まれています。あなたがこのサービスの利用を決めた場合、データ管理者は、あなたからの情報のリクエストに応答するためにのみ個人情報を処理します。

この目的でデータを処理するための法的根拠は、GDPR(一般データ保護規則)第6条第1項サブセクションb)に従って、あなたのリクエストを履行することです。

上述の目的での個人情報の提供は任意です。ただし、個人情報が提供されない場合、必要な情報を取得できなくなります。

この目的のために、ウェブサイトを通じて提供された個人情報は、リクエストの履行に必要な期間保存されます。

2.3.特定のサービスを使用するためのサイトへの登録

ウェブサイトの特定のセクション(「ウィッシュリスト」、「MTM」)では、データ管理者が提供する特定のサービスにアクセスするために、通常の個人情報の一部を自発的に提供することになります。データ管理者は、リクエストされたサービスを提供する目的でのみ、ユーザーが提供したデータを処理します。データの提供はオプションですが、データが提供されない場合、リクエストされたサービスを提供できなくなります。

この目的でデータを処理するための法的根拠は、GDPR(一般データ保護規則)第6条第1項サブセクションb)に従って、あなたのリクエストを履行することです。

上述第1項の連絡先からデータ管理者にその旨を申請し、サービスから退会するまで、あなたの個人情報はこの目的のために処理されます。退会しない場合、あなたのデータは10年間保管されます。

2.4.ニュースレターの配信

「ニュースレター」セクションの専用フォームに入力するか、「ウィッシュリスト」、「MTM」、「お問合せ」、「店舗検索」セクションで提供されるチェックボックスにチェックを入れることで、マラッツィのニュースレターに登録し、マラッツィが企画するイニシアティブ、アクティビディ、プロジェクトのニュースなど最新情報を定期的に得るために、通常の個人情報(指名、メールアドレス、職業上の肩書、住所)を提供することになります。

あなたのリクエストに応じて、ニュースレターは提供された電子メールアドレスに配信されます。

上述の目的での個人情報の提供は任意です。ただし、データの提供が拒否された場合、データ管理者は、ニュースレターの購読、またはマラッツィ社からの最新ニュースを通して最新情報を入手するというあなたのリクエストを満たすことができなくなります。

この目的でデータを処理するための法的根拠は、GDPR(一般データ保護規則)第6条第1項サブセクションb)に従って、あなたのリクエストを履行することです。 従って、処理を承認するためにあなたの同意は必要ありません。ただし、メールの受信後、リンク「配信停止はここをクリック」をクリックするか、あるいは上述第1項の連絡先からデータ管理者に申請することにより、ニュースレター配信をいつでも簡単に停止することができます。

ニュースレター配信サービスを停止するまで、あなたの個人情報は処理されます。

2.5.マーケティング目的

情報の目的(第2.2項)、特定のサービスへアクセスするためにウェブサイトに登録(第2.3項)、ニュースレターの購読(第2.4項)のための個人情報の提供に加えて、データ管理者はあなたが マラッツィの活動、イニシアチブ、製品についての情報にも潜在的に関心があると見なします。

従って、このような状況を考慮し、データ管理者は、あなたの個人情報(氏名、電話番号、メールアドレス)を使って、マラッツィ社のイニシアティブと製品、企画されたイベントへの招待などをお知らせするマーケティングコミュニケーションを配信する意向です。これらのコミュニケーションは、従来の手段(電話など)および/または自動化された手段(電子メール、テレファックス、事前に録音された電話、SMS、MMS、インスタントメッセージングなど)によって送信されます。

マーケティング目的での個人情報の処理には、(GDPR第6条第1項サブセクションa)で提供される法的根拠に基づく)別途の同意が必要になり、データの提供時に提示されるチェックボックスにチェックを入れる必要があります。一方、データ管理者が提供する類似製品の販売に関連するアクティビディ中に提供された個人情報(メールアドレスなど)を使って実行される場合、あるいはあなたがデータ管理者とのビジネス関係において、法人ユーザーとして行動している場合、マーケティングコミュニケーションの配信にあなたの同意は必要ありません。このような状況では、あなたの個人情報の処理は、一般的で正当なデータ管理者の利益に基づいていると見なされます。

ただし、メールの受信後、どの電子マーケティングコミュニケーションからでも「配信停止はここをクリック」をクリックするか、あるいは上述第1項で提供されているアドレスを使ってデータ管理者に連絡することにより、マラッツィからのコミュニケーション配信をいつでも簡単に停止することができます。

あなたが本プライバシーポリシー第1項に記載されている連絡先を使用してデータ管理者に連絡することにより、同意を撤回するか、処理に異議を唱えるまで、あなたの個人情報はこのマーケティング目的で処理されます。

マーケティングイニシアチブへの参加は任意であり、本プライバシーポリシーで言及されているように、この同意の拒否はデータが処理される他の目的には影響を及ぼしませんが、マラッツィはイニシアティブやイベント、およびプロジェクトや製品に関する最新情報を今後お届けできなくなります。

2.6.クッキーとその他の追跡システム
当サイトはクッキーを使用しています。詳細はhttps://www.marazzitile.co.uk/cookie-policy/のCookieポリシーをご覧ください。

3.個人情報の処理手順

あなたの個人情報は、GDPR(一般データ保護規制)の規定に則り、紙、IT、およびテレマティック手段によって、定められた目的のために、どの場合においても、GDPR第32条規定に準拠した適切なレベルのセキュリティと機密性を保証する手順によって処理されます。

個人データの処理とは、収集、記録、整理、保管、処理、適合、修正、分類、復元、調整、使用、組み合わせ、凍結、開示、配布、消去、破壊、あるいは前述の作業の2つ以上の組み合わせを意味します。 また、データの保存、管理、転送は、セキュリティと機密性を保証する手段によって、自動化されたツールを介して行われます。

3.1 ソーシャルメディアの使用

マラッツィは、マラッツィ側が管理できない、個人または組織によってインストールされたサーバーに繋がる他のソーシャルメディアプラットフォームへのリンクを提供することもあります。マラッツィ社は、関連サイトで入手可能な情報の正確性またはその他のいかなる見地に関しても一切表明せず、いかなる責任も負いません。サードパーティへのリンクは、前述のサードパーティまた他社の製品やサービスに対する、マラッツィ社側の、あるいは関連するサードパーティの承認とは解釈されないものとします。マラッツィ社が、サードパーティサイトでのユーザーによるデータの使用および保存に関して表明または保証することはありません。ユーザーは、個人情報の使用の可能性を完全に把握するために、当ウェブサイトにリンクされているサードパーティサイトのプライバシーポリシーを慎重に調べることをお勧めします。

4.個人情報の受領者、および個人情報を知り得る関係者

上述第2項で説明した目的のために、処理された個人情報は、マラッツィ社の社員、契約社員、および承認されたデータユーザーとして従事する関係者が知ることになります。

また、あなたの個人情報は、上述第2項で説明した目的のために、例えば次のカテゴリーに属するサードパーティによって処理されることがあります:

  1. サーバーホスティングやバックアップサービスを含む、ITシステム管理のサービスを提供する関係者
  2. 技術支援サービスプロバイダー
  3. その他のサービスプロバイダー
  4. 監督・管理当局および機関、ならびに公益機能を備えた一般的な公的または民間機関
  5. マラッツィ社と同じグループ傘下にある他社、またはマラッツィ社あるいはモホークインダストリーズ社の関連会社。

前述のカテゴリーのエンティティは、完全に独立して単独のデータ管理者として活動する場合もあれば、GDPR(一般データ保護規制)第28条に則り、データ管理者によって特別に任命されたデータ処理者として活動することもあります。

独立したデータ管理者の立場で行われる、上述カテゴリーのエンティティへのデータの開示については、上述第2項に記載された目的を達成するために上述の開示が必要であり、 データ管理者の一般的で正当な利益に基づいているため、あなたの同意は必要ありません。

個人情報が開示される可能性のあるエンティティの完全な最新リストは、プライバシーポリシー第1項に記載されている連絡先を使ってデータ管理者に要求することができます。

5.欧州連合外への個人情報の転送

技術上および組織上の目的で、あなたのデータが欧州連合加盟国以外の国に転送される場合があります。この転送は、欧州委員会から発せられた妥当性判断および/またはGDPR(一般データ保護規制)第46条に則り、欧州委員会が採用したモデルに基づく標準データ保護条項の対象となるため、いずれにしても合法です。

メール(privacy@marazzigroup.com)でデータ管理者に特定の要求を送信することにより、EU圏外に転送されたデータのコピー、およびそれらが取得された場所に関する情報を要求することができます。

6.データ主体としてのあなたの権利
本プライバシーポリシーに記載されているデータ処理に関して、データ主体として、GDPR(一般データ保護規制)で定められた条件で、GDPR第15条から第21条で規定されている権利を行使することができます。特に:

  • アクセス権利 - GDPR第15条:あなたに関する個人情報が処理されているか否かを確認する権利。処理されている場合にはその個人情報にアクセスする権利(情報のコピーも含む)、および、特に以下の情報を通知してもらう権利:
    1. 処理の目的
    2. 処理された個人情報のカテゴリー
    3. データが開示された、あるいは開示される受領者または受領者のカテゴリー
    4. データ保管期間または採用される基準
    5. データ主体の権利(訂正、個人データの消去、処理の制限、および処理に異議を唱える権利)
    6. 監督当局に苦情を申し立てる権利
    7. 個人情報がデータ主体から収集されていない場合、個人情報の出所に関する情報を受け取る権利
    8. プロファイリングを含む自動化された意思決定の存在、関連するロジックに関する有意義な情報、およびこの処理によって想定されるデータ主体にとっての結果
  • 訂正する権利- GDPR(一般データ保護規制)第16条:妥当な期間内にあなたに関する不正確な個人情報の訂正および/または不完全な個人情報の補足を要求する権利
  • 消去する権利(忘却の権利) - GDPR第(一般データ保護規制)第17条:以下の場合、妥当な期間内にあなたに関するデータを消去してもらう権利:
  1. データが収集された、あるいは処理された目的に関して、データがもはや不要になった場合
  2. あなたが同意を撤回し、他に処理の法的根拠がない場合
  3. 個人情報の処理にきちんと異議を唱えた場合
  4. データが違法に処理された場合
  5. 法的義務を遵守するためにデータを消去する必要がある場合
  6. 個人情報が、GDPR(一般データ保護規制)第8条第1項で言及されている情報社会サービスの提供に関連して収集された場合。

消去する権利は、法的義務の遵守、公益のために実行されたタスクの遂行、管理者に帰属する公的権限の行使、あるいは法的要求の制定、行使、防御のために処理を必要とする状況では適用されません。

  • 処理を制限する権利 - GDPR(一般データ保護規制)第18条:以下の場合に処理を制限する権利:
  1. データ主体が個人情報の正確性に異議を唱えた場合
  2. 処理が違法であり、データ主体が個人情報の消去に反対し、代わりに使用の制限を要求した場合
  3. データ主体が、訴訟手続き中の権利の検証、行使、防御のために個人情報を必要とする場合
  4. データ管理者側の正当な根拠が、データ主体の正当な根拠を覆すかどうかの検証を待つ間、データ主体が処理に異議を唱えた場合。
  • データポータビリティ権利 - GDPR(一般データ保護権)第20条:処理が同意に基づいており、自動的手段を用いて実行される場合、データ管理者に提供されたあなたに関する個人情報を、一般的に使用されている、機械で読み取り可能な構造化された形式で受信する権利、およびそれらのデータを支障なく別の管理者に転送する権利。加えて、技術的に可能な場合、個人情報をデータ管理者から他の管理者に直接転送する権利。
  • 異議を唱える権利 - GDPR(一般データ保護規制)第21条:データ管理者が処理を続行する正当な理由がない限り、あなたに関する個人情報の処理に異議を唱える権利
  • イタリアのデータ保護当局に苦情を申し立てる権利 - 個人情報保護当局(Garante per la protezione dei dati personali)、ヴェネツィア広場11番地、ローマ- 00187(イタリア)。

上記の権利は、上述第1項で提供された連絡先を使用して、データ管理者に対して行使することができます。データ管理者は、あなたの要求を検討し、いかなるケースにおいても、過度に遅れることなく、その要求に対して講じられた措置について、要求の受理から1か月以内に通知するものとします。

GDPR(一般データ保護規制)第12条に従い、データ主体としてのあなたの権利の行使は無料です。ただし、明らかに根拠のない、または過剰な要求で、特に何度も繰り返される場合、データ管理者は、要求を処理するための管理コストを考慮して妥当な料金を請求するか、要求への対応を拒否することがあります。

また、データ管理者が、データ主体の身元を確認するために必要な追加情報を要求する場合があることも留意してください。

マラッツィ グループ ソチオ・ウニコ
(データ管理者)

最終更新日:2019年7月16日