<link rel="stylesheet" href="/static/CACHE/css/69de78ad90d1.css" type="text/css" media="screen, projection">

クラッコ

Milan (MI) イタリア
クラッコ

受賞歴のあるシェフ、カルロ・クロッコの最新プロジェクト「クラッコ イン ガッレリア」はミラノのヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア内にある高級レストランです。 
ペレガッリ建築事務所の建築家、ラウラ・サントーリ・リミニとロベルト・ペルガッリが手掛けたこのプロジェクトでは、五階建ての施設内にビストロ付きのカフェ、レストラン、ワイナリー、プライベートイベントルームが統合されています。 
キッチン(各階に常設されています)とウォッシュルームの全ての環境にマラッツィのセラミックとストーンウェアのタイルが使用されています。全てのキッチンの壁は象徴的な4曲線「トリエンナーレ」タイル(60年代にジオ・ポンティ/アルベルト・ロッセッリによってマラッツィのためにデザインされたタイル)で覆われています。システムC「アルキテットゥーラ」バージョンから選ばれたアヴォーリオ、オクラ、ネロといった配色が、床タイルに使用された石目調ストーンウェア「マイストーン ラヴァーニャ ネロ」(30x60)と対話します。一方、ウォッシュルームは洗練された2タイプの仕上げ、サンローランとスタトゥアリオによって「オールマーブル」大理石調に仕上げられており、ストーンウェアと大理石が保護指定建造物に指定された歴史的建造物の修復において如何に素晴らしい効果を発揮するかを示す最上の例となっています。

写真:ティツィアーノ・サルトリオ

プロジェクトシリーズを見る